2017年9月23日(土)
~10月1日(日)

アートギャッベ展
を開催します。

資料をご希望の方は
下記フォームよりお申込み下さい。

 

*は必須項目です

*どちらの資料をご希望でしょうか?

アートギャッベ カリモクショールーム

*名前

*住所

-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名

*メールアドレス

*連絡先

- -

 

何万回も繰り返して結ぶ

ギャッベとは

南ペルシャ(イランの高原南西部)のロバに乗って遊牧する遊牧民族カシュガイ族によって織られている手織り絨毯です。

山岳高地で遊牧民と共に生活をしている羊の上質な純毛を刈り、手で紡ぎ、染め上げ、一点一点丹精込めて織られるギャッベは、
何十年と使い込むことにより表情豊かに変化をし、味わい深く成長していきます。

その色やデザインは誰もが心を奪われ、「やさしい気持ち」にさせてくれます。
色合いや艶感、遊牧民の感性豊かなデザイン、上質ウールから生まれる驚くほどに柔らかい触り心地、気持ちよさ、
そして一点モノという世界に一枚しかない価値、それがギャッベです。

そんなギャッベの中でも特にアート性が高く、美しい色、デザインでなおかつ、きめ細かに織られた一級品が「アートギャッベ」です。
アートギャッベは「育むじゅうたん」と思っています。 使い込むほどに、色艶がよくなり、年月を重ねるほどに深い表情になります。

親から子へ、子から孫へ・・・
時代を渡っていく「希望のじゅうたん」とも言えます。
そんなギャッベとの出会いの場を、暮らし工房家具のサワキは提供いたします。

運命の出会い!?

他のカーペットやラグと違い、ギャッベじゅうたんは、すべて世界にひとつだけの一点ものです。
同じようなデザインでも見比べると、すべて違います。 あなただけのギャッベじゅうたんと出会ってください。

一生モノではなく一族モノ?

その耐久性は100年ともいわれているアートギャッベ。
親から子へ、子から孫へと受け継いでいけるこのじゅうたんは「一生モノ」ではなく「一族モノ」と言ってもよい、じゅうたんです。

冬温かくて夏涼しい!

寒暖差の激しい山岳地帯で育った羊からとれるウールは毛が太くてしなやかです。
そして保温性と湿度を調整する調湿性能に非常に優れています。
そのため、夏はサラサラでヒンヤリします。そして冬は保温効果で温かい空気を閉じ込めてポカポカです。
ギャッベは年中、敷っぱなしOKのじゅうたんです。

お手入れラクラク

織りが細かく目が詰まっているギャッベはゴミが中まで入っていきません。
また良質の油分が、汚れをはじいてくます。 お手入れは掃除機をかけるだけでOKです。

 

ギャッベのできるまで

①カシュガイ族
彼らは荒涼の大地を旅する遊牧民です。
今は定住する人も増えてきましたが、夏と冬で遊牧地が変わるために、年に2回、ペルシャ湾とザクロス山脈の数百キロを移動します。
移動の文化は「織り」の文化でもあります。 屋根も床も壁も折りたためる織物です。ギャッベはその文化から生まれました。

カシュガイ族

カシュガイ族

 

②羊を育て、毛を刈り紡ぐ
遊牧民にとって羊は身近な存在です。羊を育て、毛を刈り紡いで織物を織ります。
手で紡げる毛糸は一日わずか150g。それを毎日繰り返して糸を作ります。
羊は家族同然の存在。ギャッベに使われる羊は寒暖差の陰しい山岳地帯で育ったマウンテンヒル種という羊です。
その環境に順応した毛は保温、調湿に優れ、汚れにも非情に強いです。

アートギャッベ

アートギャッベ

 

③植物でじっくりコトコト煮込んで染める
紡がれた毛糸のほとんどは、草や木の天然の染料で染めます。 油がのったまま草木染をするには格段に時間がかかります。
染料と羊毛を大きな釜に入れて7時間ほどかけて煮込みます。さらに24時間定着させます。
水洗いをして天日に干して、やっと薄く色付きます。 そして、この工程を何度も繰り返します。

アートギャッベ

アートギャッベ

 

④何万回も繰り返して結ぶ
織り機に張られた縦糸に色糸(横糸)を結んで1本づつ切ってゆく「トルコ結び」の手法で織ります。
そして大きなフォークのような器具で叩きながら色糸をしめていきます。
糸をしめることで密度が高まり、強くて丈夫なギャッベになります。
力の強い若い女性が織ったギャッベは目が詰まって上質なもの になります。

何万回も繰り返して結ぶ

 

⑤家族のしあわせを祈って織ります。
ギャッベの文様は様々、一つひとつに意味があります。
代表的なもに枝を大きく伸ばす木 は「生命の木」と呼ばれ不良長寿と健康を願う文様です。

 

⑥焼いて、磨いて、洗って刈ります。
幾カ月もかけて織られたギャッベは巨大な装置に入れられて、ホコリや砂をふるい落とされます。
大きなバーナーで裏側の無駄な毛を焼きます。堅牢に織られたギャッベは炎に炙られても痛むことはありません。
さらに大量の水とデッキブラシとクワのような道具を使い表裏を2回洗います。
その後、天日干しをして最後にバリ カンで表面を整えます。この時、初めてギャッベの文様が浮かび上がり、ギャッベじゅうたんが完成します。

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

 

暮らし工房の「ギャッベ」へのこだわり
① 気に入った、じゅうたんが本当に自分のお部屋にマッチするのか?もし迷ったら・・・
そのじゅうたんを実際にお部屋に持ち込んで試着できます。(エリア限定で無料)

② クリーニングや糸のほつれ、穴あきなどのメンテナンスの対応はお任せください。

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ

ギャッベ